読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暑い場所より寒い場所

ゲームとその他雑記をよく書きます

幻影異聞録のボーカルコレクション買ったのでそれら含めた感想をば。

雑記 ゲーム 感想
 

 

 

 

 

 iTunes で配信されることすら知らされなかったのでポスターなし版ですが買ったぞ。

ということで、普段ゲームの記事ばっかだしブログ作った名目的にもなんか間違ってる気がするが、各曲とかそれら絡んだゲーム内でのことについて話していくよ。
正直結構気持ち悪い記事になるのでそういうのが苦手な人と、ネタバレを多めに含むのでエンディングまで行けてない人はブラウザバック推奨。
ついでに未プレイはブラウザバックどころか今すぐ電源切ってどんな決済方法でもいいからDL版をWiiU eshopで購入してエンディングまでプレイするのを勧める。








1. Reincarnation

 

 

 

 

 


ある意味このゲームのメインテーマといってもいいかもしれない。(PV的な意味で)
初発表時、この曲で興味を持った人もいるのではないだろうか。
実際ぼくも初めてPVを見たときはこの曲含めて色々びっくりしたもんだ…
個人的にCメロが好き。

ところでこの曲の衣装、限定版に付いていた設定資料集でアトラスの平田さんが興味深いことを言っていることを知っている人もいるだろう。(敢えてここではどんな文かは言わないが)
しかし、E3のときから製品版において若干の(?)衣装変更がされている。
これが少し自分には許せないことで、CEROの関係で変えたのか海外展開(任天堂の決算資料で発売予定の地域のところにあった)を見越しての変更なのかは客である僕らには今後もわからないままだが、しっかりとした理由があるならそこは折れては欲しくなかったというのが本心である。
「際どい衣装だから仕方ない」みたいなことを言われても理屈はわかるが、そういう下品なモーションを取らせてるならともかくMVの中で表現の範疇としての衣装にまで文句を言われるのはかなわん、みたいな気持ちもあったりする。

 

 

 
急な変更を要されたのか、作画が直ってない部分もあるのはちょっと面白い。


話がそれてしまって申し訳ないが、 とにかくReincarnation自体はいい曲だよ~とは言いたい。






2. Feel

 

 

 

 

 
 

 つばさちゃんのデビューシングル!イェーイイ!
でもまあ、発売前にPV観過ぎたのをちょっと後悔したMVのひとつではあると思う。
あーこの曲ね、あーこれPVに出てたとこね、みたいなリアクションを取らざるを得なくなってしまった。完全に自分が悪いのは百も承知だが。
しかしそれを加味しても良かったと言えるだろう。
その上フルで更につばさちゃんの「これが私だァァァッッ!!!」感が出ていてとても良い(?)。
舞子さんの用意周到っぷりには恐れ入ったが、少々華々しすぎると言ってもいい位のデビュー曲となったのではないだろうか。






3. BLACK RAIN

 

 
 
(一見)芸に関しては完璧キャラな弥代くんの1つ目の歌である。
サビがテンポからわざと外した感じで少し独特な曲調だが、こういうのなんていうのだろうか。
ダークヤシロのトーン下げたBLACK RAINは少しおかしかったけど、基本良いです。

限定版で手に入るCDでも聴いていたが、中々のスルメ曲ではある。
作中ソロでMVで歌う場面が見られる男性キャラが彼だけなのもあって、案外このMVもお気に入りだったりする。






4.  Beastie Game



ウタロイド・Tiki


この曲、PV2とかチキ紹介動画とかで出てきたから作中でも結構出てくるのかなとか思ってたら案外そうでもなかった。
なんかむしろインストだけどチキ嫁Pのテーマ曲になってた気もする。
本編じゃほとんど聴けないというのに結構ビビったがこのCDでちゃんと曲を聴いてみると中々よくて、
おーここらへんボカロに歌わせる感じっぽいなって思えた部分もあった。
ところでチキ周りのイベントではドーナツの感想にとてつもない表現力を見せつける樹君が大変印象的で、
流石ロードのマスターだ…!(?)と思わせてくれたものである。






5. 雨音のメモリー





まもりちゃんの自信の持ち歌である。悪くはないのだが、もっとコブシをきかせてもええんじゃよ?
小学生って設定だから声帯が云々も考えての感じなのかしら。でもなんだかんだ好きですよ
まもりちゃんのサイドストーリー、

ブレるのは良くないと思います(怒)!→わかる
レンチンで歌コーナーを設けてみたらどうでしょう!→まあわかる
レンチン衣装で雨音のメモリー歌います!→えっ!?

ってやつは思わず笑った。でもレンチンのテーマ曲も欲しかった感じはある。(あるにはあるんだけどまもりの歌として欲しかった)
バトルでもSP技として優秀なので2周目でも使ってあげよう!






6. 友達以上、恋人未満。



 



アムリタシャワーのCMでおなじみのこの曲、本編だとサビでしか聞けないのよね。
そこで今回のボーカルコレクションで初めて聴けたわけだが、本編の時に小悪魔的な表情云々でサイドストーリーがあって、路上で野良ネコと戯れるつばさを見れて最終的に…みたいな感じだったのに対して、
歌詞を内容をつばさに当てはめると樹君とどうにかして今以上の関係になりたい!でもなんだあの朴念仁!?みたいな感じで小悪魔…???となるのは面白い。
それはそうとして曲全体としてはこれのサビだけを本編で使ったのは贅沢な使い方やっちゃな~って思った程には良い。
気に入った。






7.  迷路 





霧亜さんの2つ目に見ることができるであろう曲である。
「今日のKiriaはアツいわよ!」→「迷路(ブフ系魔法)」で多くのプレイヤーが戦闘で喜んだのではないだろうか。
この曲からKiriaよりも黒乃霧亜としての曲になっていって、ゲームとしてもサイドストーリーとしてどういうキャラかわかっていくのが良いと思う。
このMVでやってるステージのやつ、流石に現在の技術じゃまだ無理やろって思ったけど弥代くんのやつは行けそうな気がしなくもない。けど実際どうなんでしょうかね。
ところで霧亜さんがカワイイものが好きだったころに気持ち悪いって抜かした友達の女の子を引っぱたく権利ください。






8. Give me!!

 

 
 
 
色々対照的な2人がユニットを組んだ結果である。霧亜さんカッコカワイイ!!
つばさは霧亜さんに憧れたりな逆に霧亜さんはつばさの自分にない部分を羨ましがったりと、基本霧亜さんの曲だけど2人あってこその曲でもある気がする。
それと、このMV後の楽屋の会話で霧亜さんが「すっごい楽しかったっ!!」って言う所は全サイドストーリーの中でもかなり好きなシーンなんですよね。
バトルではデュオアーツでカメラワークが曲にあった感じで出てくれるのでとてもよい。
ところでどーげんざうるすくんのデカいのはどうなってんのかもうさっぱりだ。深く考えてはいけないんだろうけど。
 
 
 
 
 
 

9. 君と僕との距離

 
つばさと一緒にオーディション受けてたこの娘たちがまさかの!
 
下手すりゃメインストーリー後半一番聴くことになる曲かもしれない。
エンタキングダム始まってなんかライブやってるわーって感じだったけどまさか歌うとは思ってなかったので衝撃だった。
曲も結構良いので色々ビックリだったな。
ただまあ後半主人公達がサイドストーリー満喫してようがずっとライブやってるので(メタいけど)、「こ、これが新人への過酷な待遇か…!芸能界、恐ろしい…!」と思ったり思わなかったり。
ミラージュたちに攫われて大丈夫だったんかって思ったけど案外平気そうで安心した。
 
 
 
 
 
 

10. ディア☆マジョ! Sweet♡

 
 
 

 

ディア魔女の画像素材が不足している…のでこれしかなかった
 
 
バリィさん絡みの話で結構聴くことになるこの曲である。
曲自体は明るい感じで悪くないが、アニメのOPよろしく1番のみなのがもったいない!
それはそうと限定版についてたCDと今回のボーカルコレクションでKiriaバージョンと普通のバージョンが聴けるようになったわけだが、霧亜さんセリフまで付けちゃってノリノリじゃないですかー!!って感じだった。
そういえば公式に3話の漫画が載ってるけど、幻影異聞録♯FEのこういう変な方向への力の入れ方本当に好きです。
 
 
 
 
 
 

11. トンネルをくぐりぬけたら

 
 
 
色々と問題な曲。主にMVとかサイドストーリー周りで。
別にこの曲自体は悪くないどころか結構好きなんだけど、MVでいきなり謎のバリィ犬が出てきたらそりゃ笑うしかない。
まもりちゃんが「ウチの犬みたい」って言いだしただけでこれだよ!
「赤や緑や黄色~」で実際にカラフルなミラージュ出されたときもそうだけど、これのためだけに呼び出されたゲリバに笑ってしまった。
デュオアーツはデュオアーツで性能が優秀な分使うことが多いが、その分だけバリィさんの情けないシーンが何回も見られて色々複雑な気分になる曲でもある。
 
 
 
 
 
 

12. ジャンプ!凰牙!!!

 
 
 
かなりお気に入りの曲です。素直に盛り上がる曲で熱い!よろしい!
斗馬くんのサイドストーリーも滅茶苦茶お気に入りです。彼はもっと報われてもいいキャラ。
途中ナンパしてパフォーマ発現とかもあったがそこも彼の良いところということでどうにか…
個人的にもっと雷牙と共演して2人で必殺技かます場面とかも見てみたかったな。
FEの支援会話の数に合わせたのかは知らんが、やはりサイドストーリー1人3つだけじゃ物足りないよ!もっと欲しい!
 
 
 
 
 
 

13. ドリーム☆キャッチャー

 
 
 
 
 
みんな大好きエリーちゃんの唯一の曲ですよ。もちろんつばさもいます
曲の中身もすっごくいいですね、MV見た人はそれも相まってかなり気に入ってる曲なのではないでしょうか。
ぼく個人としてはE3のツリーハウスで初めてこのゲームの実機プレイを見たわけですが、ギャンレル戦の途中でこの曲がかかって踊りながら歌い始めたのを見て
「あっ、これ(良い意味で)全力で馬鹿なことやるゲームだ!」
って思って買おうと決めました。なので色々気に入ってる曲でもあります。最終的にはこのゲームに会えてよかったとも思ったので良かった。
冷静に考えたら製品版ではギャンレル戦時点じゃクレイジーサーカスもドリーム☆キャッチャーもデュオアーツ自体も使えないので、今思えば開発中のROMに感謝としか言いようがない。
 
 
 
 
 
 

14. Under the moon

 
 
 
 
これもまた本編じゃ基本サビでしか聴くことが出来ない曲である。本当このゲームの曲の使い方変なところで贅沢だな!
BLACK RAIN から一転、こういう曲もできるんだという弥代くんのオールラウンダー感漂うものとなっている。
主演も務めて主題歌もやっちゃうとはおったまげたけど、弥代くんなら「このくらい、当然だ」とか平気で言いそうでこわい。
ところで曲自体は悪くないがドラマの最後なんだよ宇宙人だったって!それまでの話のプロセスが気になるじゃないか!
 
 
 
 
 
 

15. 幻じゃない世界

 
 
 
 
このMV、発売前はBeastie Gameかと思ったら完全に騙された。
チキが竜石のおかげで少しの間実体化出来て樹たちの世界でやりたいことがあるってなった上で、樹がチキの為に作った曲でライブしてるわけだし、割とこの曲は本編ありきな気もする。
ブルームパレスにいるしか出来なかったチキのことを考えるととても良くできた歌詞な気もしますな。
少し細かいことに突っ込むとしたら、ゲーム本編ではこの曲はウタロイド・Tikiじゃなくてチキとして歌ってる曲だから、ボーカルコレクションの曲詳細の欄の「歌:Tiki」は素直に「歌:チキ」で良かったんじゃないかなーと思うんですよね。
(でもこの曲が樹君が作った曲なら最初にチキに聴かせたやつはTikiに歌わせたやつなわけだし強ち間違ってもいないのか…?うーむ)
 
 
 
 
 
 

16. Fly ~君という風~

 
 
 
 
 
一言いうならこれ滅茶苦茶好きです。曲も大好きです。
割とMVの中で一番衝撃受けたというか、あっ、そこまでやる!?みたいな気持ちにもなったし、最終的に思わずうぉぉぉぉ……!!と変な声が出た。
なんていうかこう、某ゲームの先輩風に言うなら「ズッガーーーーーンときた」って感じです。
これアドリブパフォーマンスだと超高速で飛び回ってるのが余計わけわからんですね、でもすごい。
ちょっとステップアップしすぎな感じもあるけど、成長したな~って気持ちにもなるのでとてもよい。
 
 
 
 
 
 

17. ファイアーエムブレム ~光の戯曲~

 
 
 
 
 
これ、FE封印のCMをオマージュしたのではって聞いたんですけど実際どうなんでしょうかね。
終盤の熱い展開で流れるこの曲も、割とゲームありきな感じがします。
神降ろしとかシャーマニズムとかの行先がこれに落ち着いたのはとてもしっくりくるし素敵だと思いましたね。
 
最終的に裏ボスが倒せない2周目プレイヤーの憂さ晴らしに使われるラスボスさん、可哀想。
1周目じゃ滅茶苦茶苦戦して負けそうになるかと思いましたけど。初見で倒せて良かった。やっぱりEP吸収はずるいですよ。
 
 
 
 
 
 

18. Smile Smile

 
 
 
 
 
蒼井樹、歌います!
そんな感じでこのゲームのEDに相応しい曲だったと思う。
本編のED前の録音前の会話みたいなのはすごく好きです(勿論ボーカルコレクションにはあの会話は入ってないが)。ああいうのやられたあとに一番最後にまだソロで歌を見せていなかった(光の戯曲は歌ってはいたけど)樹君の歌う曲を持ってこられるのはずるい。
フォルトナ社長としての樹君もいいけど、マルチタレントとしての彼も見てみたくはあり、そういった意味ではあの最後の軽いED分岐(最後にフォルトナ一同と会話するか否かで分岐)は良かったのかなとは思ったりしてる。
 
 
 
 
そんな感じで、稚拙な文章ではありますが、ここまで読んでくれてありがとうございました。