読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暑い場所より寒い場所

ゲームとその他雑記をよく書きます

ICEY というゲームをやりました

今回紹介するのは ICEY というゲームだ。
f:id:neemocho:20170306191502p:plain

www.youtube.com

このゲーム、少し変わったところのあるゲームなのだが、どう変わっているのかなるべくネタバレの無いよう本記事では説明していきたい。

どんなゲームか

とある施設でケージに入れられていたサイボーグ、ICEY は Judas というサイボーグに支配された世界を救うため、Judas を打ち倒す旅にでる。
プレイヤーは ICEY を操作し、Judas のサイボーグ達を突破していく。
…というのがストーリーのようなものだ。
f:id:neemocho:20170306193040p:plain
今作は剣でコンボや回避を駆使して敵を倒していくスタイリッシュなアクションが特徴となっている。
コンボやアップグレードは敵を倒すことで手に入るゲーム内通貨を利用することで行うことができるのだが、回転攻撃や斬り上げ、連続突きのようなものまであり、多彩な技を楽しむことができる。
また、回避モーションもスピーディで、短いフレーム猶予ではあるが、敵が技を繰り出す際に回避を行うことでカウンターをすることなどもできる。 一方で、それなりに難しく気を抜けば体力がなくなっていたなんてこともザラなので、初めてやる人には素直に難易度は EASY を勧めたいところだ。
1周するのにさほど時間もかからず、数時間で終わらせられるほどの丁度良い量なので、やりこんで最高難易度に挑むのもいいだろう。
f:id:neemocho:20170306200335p:plain
しかし、このゲームはただの2Dアクションゲームではないことを言っておく必要がある。

もうひとつのこのゲームの顔

さて、まるで普通の2Dアクションを紹介するかのように説明してしまったが、このゲームにはそれだけではない要素がある。
このゲームは、非常にメタ要素が多いという特徴があるのだ。
ICEY を進める際に、「とある事」が起きてからナレーターが解説しつつ進むようになる。
そのナレーターの言うことに従えば Judas の元まで辿り着き、決戦を挑むことができる。だがもし、道中でプレイヤーであるあなたがナレーターとは全然違う思惑で動こうとしたら…?
それより先は、是非プレイして見てほしい。
f:id:neemocho:20170306194949p:plain
筋書き通りの展開を望むナレーターと必ずしもそうでないプレイヤー。まるで"あのゲーム"のようだが、まさにあれと同質のゲームであると言っていい。(“あのゲーム"がなにかは想像に難くないはずだ)
一方で、そのような展開で進もうとするとあまりに突っ込みすぎててプレイヤーによっては寒いとすら感じる可能性もあるかもしれない。
なので、それが好ましいかそうでないかはよりプレイヤーの感覚に委ねられるといえるだろう。

更に、本作ではこの2つの顔に加え、文章のみではあるが本編のストーリーのバックグラウンドや真実を語るテキストがそれぞれ断片的に流れるという"さらにもうひとつ"があるため、油断ならないゲームだ。

最後に

このゲームは全編英語なのでハードルはやや高いが、英語があまり得意でない筆者でもナレーターの英語はかなり分かりやすい部類だったので、是非怖がらずにプレイする事を勧める。
手強い2Dアクションにプラスαがほしいと思ってる人には、是非ともプレイしてみてほしい一品だ。