読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暑い場所より寒い場所

ゲームとその他雑記をよく書きます

Sniper Elite 3 やったよー

感想 PC ゲーム


Sniper Elite 3 の感想です。グロ注意。

ゲーム内容

このゲームは基本的にミッション形式で特定のポイント、目的などをこなしていく3人称のシューターである。ステルスまたはドンパチどちらでもプレイするのが許されるという点においては、Ubi のSplinter Cell シリーズに近い。
しかし、このゲームにおいて特筆すべき点は、タイトルにもある通りスナイパーライフルでの銃撃とそれにおいての特殊なポイントだ。

キルカメラ

このゲームはスナイパーライフルで敵のキルをするとき、一定の確率で銃弾が発射されてから敵兵の脳天や内臓をぶち抜くまでのキルカメラが表示される。
 
 
 
 
このスローにもなる演出こそ、このゲームにおいてのモチベーションを保っている理由でもあり、これによって多くのプレイヤーが脳汁を撒き散らして興奮しているのではないだろうか。
スナイパーライフルから銃弾が放たれたときの銃声、そしてスローで少しずつ進んでいき、敵の体目前までいくとX線描写で骨や血管、内臓などが視覚化され、そこに銃弾が突き進み何もかも抉っていく描写はたまらない。(個人の感想です)
しかし、3の欠点が、この要素すらも少し食傷気味にしている気がしてならない。
 
 

マップの広さ

スナイパーエリート3は上記の通りミッション制なのだが、その1ミッションが少し長すぎるのだ。
その理由のひとつがマップの広さにある。
スナイパーエリート3は前作V2と比べても1ミッション毎のマップが広く、それでいてマップのつくりがやや冗長的だ。
言ってしまえば「小さなマップの継ぎ接ぎ」のようなつくりをしていて、エリアでこことここを区切ってもいいんじゃないかと思えるところを地繋ぎにしている。
そのせいか、1ミッションにかかる時間も長くなり、1時間半から2時間ほどかかるので、プレイヤーとしても非常に疲れてしまうことがあった。
また、今作はマップ中に敵が張り巡らされていて、それでいて撃ち合いになると少し理不尽なまでに敵の方が強いので必然的にステルス行動をとらざるを得なくなり、その結果スナイパーライフルと同じかそれより多くサイレンサーつきハンドガンを使う頻度が高くなった。
また、後ろから近づいてテイクダウンの回数も増えた。
開発はSplinter Cellの方向性を目指したかったのだろうか、よくわからない。
 
 
 

セーブ

勿論、マップが長いことを考慮してなのか、実はオートセーブとは別にミッション中にいつでもセーブしやめることができる。
これはうれしいのだが、オートセーブの区切りが結構大雑把なのでセーブし忘れたときに面倒なことになったのが何回かあったのが気になった。
 
 
キャンペーンだけしか私はやっていないが、キャンペーンのストーリーは悪くもなく良くもなく、といったところだ。
だが、V2と比べてもキルカメラの良さは上がっていると思えるので、これを目当てで買うのであれば十分ありといえるだろう。
セールで買った身としては、値段相応に楽しめたかなといった感じだ。