読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暑い場所より寒い場所

ゲームとその他雑記をよく書きます

Timberman とかいうのやった


というわけで Timberman って Steam で98円で売ってるゲーム買ったんですけどこれが結構面白い。

どんなゲームか

左クリックで左から木をカンッ
右クリックで右から木をカンッ

とどんどん木を切っていきスコアを上げていく。
それだけ。実にシンプルだが楽しい。
カンカンカンカン…

 

枝にぶつかるか、赤いゲージが時間制限なのでそれがなくなるとゲームオーバー。
ちなみに赤いゲージはなるべく速く木を切らないと減少していくし、木を切るとカウントが増えていき、そのカウントが増えるごとにゲージの入力猶予時間が減っていく。
要はカウントが大きくなるとそれだけ速く切らなければあっという間にゲームオーバーになる。
 

単純故に中毒性がある

このゲームは本当にただ木を切っていくだけのゲームだが、木を切るときのSEが心地よかったり、リトライが速く快適だったり、プレイするにあたってストレスが少ない。
シンプルながらもゲームオーバーになる度「もう1回、もう1回だ!」と、どこか病み付きになれるゲームだ。
ただ欠点を上げるとするならば、すごく指が疲れるのでそこは我慢するしか無い。連打しまくるもの。
指の疲れも木を切っていけば吹っ飛ぶ!楽しい!でもまた指が疲れる!
また、スコアを伸ばすと見た目が違う Timberman がアンロックされてそれでプレイとかも出来るので、見た目のアンロックという目標も存在している。
なお、見た目毎に性能が変わったりするわけではない。


こんな見た目まである。ニンジャ。

マルチプレイ

このゲームはマルチプレイにも対応している(最近対応されたとかなんとか)。
これもシングルプレイとは基本は変わらず木を切りまくっていくだけだが、また少し違った楽しみがある。
自分のカウントが他のプレイヤーより速ければ、カウントの差の分ゲージが減少したりするので速攻で入力して相手プレイヤーに負担をかけたり、また速攻でやろうとしてミスしないようマイペースでやったり、少しは戦術に工夫が可能だ。
速くてミスしないのが一番なのは確かだが。
マルチプレイで自分だけ早めにゲームオーバーになると他のプレイヤーが長期戦になったときに待つのが退屈なの以外は楽しい。
 

 

ちなみにこのマッチ、右から2番目のプレイヤーがアホみたいに強かった。




PCじゃなくても

どうやらこのゲーム、スマートフォンでも(こっちは F2P)できるらしいので、そちらを DL してみるのも良いだろう。
 
やれることは少ないが単純で面白く、中々中毒性があるこの Timberman , 気になったら触ってみて欲しい。レッツ木こり体験。
あと、コントローラ対応も充実していて以前紹介したやつでもできたので一応。
それじゃあ、ぼくはもう少し木こりしてくる。 カンカンカンカン…